自社の強みを見つける方法とは

競争戦略とはどんな手法で合っても

「他社よりもより高い提供価値を顧客に届けること」

これは不変の真理です。

競争戦略というものは非常に多岐に渡りますが競合を再定義するにせよ、顧客を変えるにせよ、このことは変わりません。

しかし、これは言うのは簡単ですが実行するのは並大抵のことではありませんね。

「それが簡単にできれば苦労しないよ・・」

とどの方もおっしゃると思います。

 

 

 

<強みを見つける方法は既存顧客にある>

 

しかし、どんな企業にも必ず他社に負けない競争力を持っています。

そしてその競争力を見つけるのに最も良いのは

既存顧客の情報分析やヒアリングなどです。

すでに顧客になっている方たちは

「他社よりも自社が提供価値を満たしてくれる」

からこそ顧客になっているわけですよね。

それは厳然たる事実です。

要するにどんな提供価値を自社が提供しているのか、

を知る一番良い手立てなのです。

既存顧客の属性などを整理するだけでも発見があると思います。

 

どんな人が顧客なのか?

商品を購入する前にどんな悩みがあるのか?

他にどんな選択肢を考えていたか?

商品をどのような時にどんな場所でどのように使うか?

商品にどんなベネフィットを感じているのか?

商品をどこで知ったか?

購入する前にどんなことで不安におもったか?

・・・etc

 

競争戦略の理論を試行錯誤することも大切ですが

それ以上に自社の現状を知ることが大切です。

そのための最良の方法が既存顧客の情報の整理なのです。

 

また人間でもそうですが、会社や組織においても自社の強み

というのは自覚できていないことが多いはずです。

自分たちにできることは当たり前という認識が強いため、

他社からはすごいことにみえても自分たちにとってはあたりまえというケースは

珍しくありません。

既存顧客に「弊社をなぜ選んでいただけるのですか?」

と聞いてみましょう。

きっと驚くような発見があるはずですよ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)